2011/11/02

玄海原発が急いで再稼動しました!~玄海原発、その裏側~

皆さま
九州の玄海原発が、昨日の夜中23時(!)
に、再稼動を始めました。
1日に記者会見をして、「再稼動」を宣言し、
もう同日の夜には、稼動させたということだ。

この急激さは、一体、なんなのか。
以下、上記を報じた、記事です

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

玄海原発:4号機を再稼働 福島事故後では全国初
(毎日新聞 最終更新 11月2日 0時51分)


 九州電力は1日、記者会見を開き、
トラブルで停止していた玄海原発(佐賀県玄海町)
4号機を再稼働させると発表し、
同日午後11時に再稼働した。

玄海町の岸本英雄町長が
九電から説明を受け、
九電の判断で再稼働させることを受け入れた
のに続き、同県の古川康知事も
同日夕、報道陣に容認の意向を示した。

福島第1原発事故後、
定期検査やトラブルで停止していた
原発の再稼働は全国で初めて。

 九電によると、4号機は2日午後に
発電を再開し、4日までに通常運転(フル稼働)
となる見通し。

12月中旬には定期検査のため再び停止する。
福島第1原発事故や
「やらせメール問題」などで
原発と同社への不信が高まっているが、
再稼働は法律や協定で
地元自治体の同意が不要のため、
自社の判断で再稼働したとしている。


 佐賀県は再稼働について
10月31日に九電から連絡を受けた。

古川知事は「国の考えを聞いてみたい」と
判断を留保していたが、1日夕、
県庁で報道陣に「国が大丈夫だと判断した以上、
これまでの手続きに沿って対応した」と述べた。

知事は九電から直接説明を受けていないという。
 玄海4号機は
10月4日に2次系冷却水を海水で冷やす
復水器の異常で原子炉が自動停止。

九電は部品交換に関する
作業手順書に不備があったことが原因
とする報告書を国の原子力安全・保安院に提出した。

12月中旬から定期検査に入る予定で、
再稼働せずに検査入りするとみられていたが、
保安院が10月31日に報告書について
「おおむね妥当」と評価したことを受け、再稼働を決めた。

 保安院によると、今回は設備の故障ではないことから、
定期検査のような大がかりな検査は必要なく、
安全評価(ストレステスト)の
1次評価の対象外としている。
【原田哲郎、竹花周、阿部周一】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、上記のニュースにあわせて、以下も
是非、お目通し下さいませ


玄海町長ファミリー企業、国と県の天下り先だった ~原発利権めぐる癒着の実態~
(ニュースサイト・HUNTER)

 上記を要約抜粋すると・・

玄海町長の、ファミリー会社「株式会社 岸本組」
のホームページには、
国土交通省、佐賀県、玄海町の公共事業
を受注してきており、得意先として、明記されている。

玄海町長本人を中心に、何やら根深い
癒着構造が、はっきりと、見えてくる。

岸本組が、原発利権に支えられた企業であることは、
得意先や受注した工事からも明らかだ。
岸本組ホームページ「主な取引先」をご参照下さいませ

→ →  クリック!



さて、なぜ、この小さな日本の国土に
原発が54基もできてしまったのか・・?
何やら、見えてくるものが、ないでしょうか?

特定の方々が、得をするための
日本の中央の構造を、
私たちは、今しっかり、精査する必要が、
あるのかもしれません。

今回、福島での事故が、おこらなければ、
更に原発の建設数は増やされる予定
だった事は、今は周知の事実ですが、
なるほど、根深い癒着が、はびこっていたのでしょうか
どこか納得です

地震国の日本で、
放射能の被害をこれ以上
拡げないためにも、
未来の、人々の健康と安心な暮らしのためにも、
今、現実に気づいた市民ひとりひとりから、
声をあげていきましょう・・!

原発から、代替エネルギーへのシフト
冷静かつ、熱く、粘り強く、推進して参りましょう・・!
私としては、もっともっと勉強して参ります・・!