2011/10/07

サテライト疎開

この数日、福島の子ども達が、香川に
来てくれた際の映像と、向き合っております。
約11日間、香川に滞在し、
また福島に帰って行った、子ども達。
改めて、映像で見返してほんと、めちゃくちゃ可愛い。

と同時に、今も放射能を出し続けている
福島第一原発のある県で暮らしている、ということ。
想像すると胸が痛む。
集団疎開が実現すれば、子どもの健康上
1番いいのですが、政府も東電も、やらない・・。
私たち市民の力のなさ。
ごめんね、子ども達・・。
と謝っても謝りきれないね。
今日も自分自身を、自問自答していきます
☆今、「福島の子ども達 香川へおいで プロジェクト」
の皆さんによって、冬の受け入れ
の企画も検討されているそうです。


前田は、「子ども達を放射能から守る福島ネットワーク」
の中手聖一さんがおっしゃっている
「サテライト疎開」に、心より賛同しています
今日も、砂一粒できること行っていきます

「サテライト」疎開とは・・?→→ クリック