2011/10/26

「福島の子ども10人中10人の尿からセシウム検出」(2011年6月の映像です)

以下の映像は、6月にアップされています。
今は、更に、福島にいる子供たちの
内部被曝が進んでいる事になります。

子供たちの被曝の進行を防ぐには
①サテライト疎開を、各地の汚染されていない
地域で行う事が、有効です。
そして、今後本当に子供たちを守るには
学校単位の疎開を、国の政策として、
行わなくてはならない、と思います

②汚染されていない安全な食べ物を食べる
子どもの給食では、放射能の数値をしっかり検査した
安心なもの以外は、使わない。
安全性が分からないなら、お弁当を持たせた方が
よいと思います
セシウムの半減期は約30年のものがあります。
細胞分裂が活発な子どもに、30年放射能が
体内に留まり続ける事。
これは、避けたい。

それぞれのできる力を使って、それぞれの方法で
声をあげていきましょう。
市民がたすけあって繋がっていきましょう。

「福島の子ども10人中10人の尿からセシウム検出」